複数の老人

チョコレートで予防

窓

ココアフラバノール

認知症は最近話題となることが多く、自分が認知症にならないように、又は家族の誰かが認知症にならないように何か予防できる方法はないか気になる人もたくさんいます。その認知症を予防するのにチョコレートが良いといわれているのです。チョコレートはお菓子ということでにわかに信じがたい情報だと思う人もいるのですが、チョコレートに含まれるココアフラバノールという成分が記憶力が低下するのを改善させる効果を発見したのを、アメリカにある大学の研究グループが論文を作成して、発表したのです。集中力を高めるのにもよく、チョコレートを食べることで脳にエネルギーを与えることができるようになります。ココアにもその成分が含まれているので、ココアを飲むのにも認知症予防に最適となります。

高カカオであること

しかしチョコレートが認知症の予防に効果があるといいましても、実はどのチョコレートでも良いというわけではありません。ココアフラバノールを十分に取り入れられる量が含まれているチョコレートは、高カカオチョコレートでなければ摂取できないといわれているのです。おおよそカカオ70パーセント以上のチョコレートがよく、それ以外のチョコレートではあまりココアフラバノールは含まれていないといいます。ココアも砂糖が入っていない無糖のココアパウダーで作るものでなければ効果は出てこないというので、認知症を予防するために摂取するのであれば、高カカオチョコレートを食べること又は無糖のココアパウダーで作ったココアを飲むことが良い方法となります。

Copyright© 2016 認知症は早めに予防が大事|リラックスが鍵All Rights Reserved.